基本情報

写真b

松垣 あいら

MATSUGAKI Aira


生年月

1984年02月

キーワード

生体材料学, 細胞生物学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7507

FAX番号

06-6879-7507

URL

http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/msp6/MSP6-HomeJ.htm

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2013年09月30日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,特任研究員,専任

  • 2013年10月01日 ~ 2015年02月28日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2015年03月01日 ~ 継続中,工学研究科 戦略支援部,助教,専任

  • 2015年03月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 2006年03月
大阪大学 理学研究科 生物科学専攻 修了 修士(理学) 2008年03月
大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 修了 博士(工学) 2013年09月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本骨形態計測学会

  • 日本臨床バイオメカニクス学会

  • 日本再生医療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Abnormal arrangement of a collagen/apatite extracellular matrix orthogonal to osteoblast alignment is constructed by a nanoscale periodic surface structure,A. Matsugaki, G. Aramoto, T. Ninomiya, H. Sawada, S. Hata and T. Nakano,Biomaterials,37 134-143,2015年01月,学術論文

  • Alteration of osteoblast arrangement via direct attack by cancer cells: New insights into bone metastasis,Y. Kimura, A. Matsugaki, A. Sekita, T. Nakano,Scientific Reports,7(44824) 1-11,2017年03月,学術論文

  • The alignment of MC3T3-E1 osteoblasts on steps of slip traces introduced by dislocation motion,A. Matsugaki, G, Aramoto, T. Nakano,Biomaterials,33(30) 7327-7335,2012年10月,学術論文

  • Continuous cyclic stretch induces osteoblast alignment and formation of anisotropic collagen fiber matrix,A Matsugaki, N Fujiwara, T Nakano,Acta Biomaterialia,9(7) 7227-7235,2013年07月,学術論文

  • Quantitative regulation of bone-mimetic, oriented collagen/apatite matrix structure depends on the degree of osteoblast alignment on oriented collagen substrates,A. Matsugaki, Y. Isobe, T. Saku and T. Nakano, Journal of Biomedical Materials Research Part A ,103(2) 489-499,2015年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,バイオマテリアル研究の最前線 応力刺激負荷による骨芽細胞および産生コラーゲン線維配向化制御 —骨芽細胞の応力刺激感受を介した異方性骨基質構築制御—,松垣あいら,(社)日本金属学会,2014年12月

  • 専門著書,バイオマテリアル研究の最前線 金属すべり線による骨芽細胞の配列化制御 —転位運動に由来するすべり線段差により世界初の骨芽細胞配列制御に成功—,松垣あいら, 中野貴由 ,(社)日本金属学会,2014年12月

  • 専門著書,バイオマテリアル研究の最前線,公益社団法人 日本金属学会,公益社団法人 日本金属学会,ISBN,978-4-88903-076-1,2014年11月

  • 専門著書,未来型人工関節を目指して(共著),編集:吉川秀樹、中野貴由、松岡厚子、中島義雄,日本医学館,ISBN,978-4-89044-772-5,2013年07月

  • 教科書, Progress in Advanced Structural and Functional Materials Design(共著),T. Nakano, T. Ishimoto, N. Ikeo and A. Matsugaki 他,Springer,ISBN,978-4-431-54063-2.,2012年07月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,コラーゲン/アパタイト配向性材料、及びコラーゲン/アパタイト配向性材料の製造方法,中野貴由, 松垣あいら, 石本卓也, 佐久太郎, 磯部仁博,特開2012-65742(公開)(公開),2010年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会奨励賞,松垣 あいら,公益社団法人日本金属学会,2017年09月

  • 日本金属学会論文賞,関田愛子、松垣あいら、中野貴由,公益社団法人日本金属学会,2017年09月

  • 日韓バイオマテリアル学会若手研究者交流AWARD 最優秀賞,松垣 あいら,The Japanese Society for Biomaterials, The Korean Society for Biomaterials,2015年11月

  • 日本骨形態計測学会 学術奨励賞,松垣あいら ,日本骨形態計測学会,2015年06月

  • 日本臨床バイオメカニクス学会優秀論文賞,松垣あいら, 藤原奈都子, 中野貴由,臨床バイオメカニクス学会,2014年10月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 微細構造の骨組織 ナノ状溝の基板上に構築,日刊工業新聞,2015年02月

  • コラーゲン配列制御 配向性材料阪大など開発 骨に似た構造実現 再生医療に応用へ,日刊工業新聞,2014年05月

  • 骨芽細胞の向き制御、コラーゲンと束状組織形成-阪大がマウスで成功,日刊工業新聞,2013年04月

  • 骨の元 前へならえ! 阪大で開発 骨折の治療期間短縮への道 ナノの段差で向き整う,朝日新聞,2012年08月